犬飼い練習帳

別の生き物とは見る世界が違う

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飛龍親方 いっちょう揉んでください

秋も深まったある日のことだった
十真の介(トオマ)は 武者修行に出たのだった

となり村の茶店に立ち寄った時のことである
あこがれの豪傑 飛龍(フェイロン)親方に出会った

さっそく ひと手 手合わせを願い出た
飛龍先生は よろこんで お立ち会いしましょうと
受けとめてくれたのだ

えいっ !! 裂帛の気合いと共に打ち込んだ十真の介
次の瞬間 たあいもなく床に転がされていた

その様子は 次のごとく 絵物語でご覧いただきたい

http://www.youtube.com/watch?v=dukAdp_ZOeM&feature=youtu.be

果たして この絵が見られるかどうか
それは自信がないが

してその後
疲れ果てた十真の介

茶店を出ると
バタリと倒れてしまった
電池が切れたのであった

茶店のご亭主に駕籠で長屋まで
お運びいただいた

ありがとうございました

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/10/23(火) 16:43:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

新刀自慢 試し切り

寄らば切るぞう


最近のトオマくんは
いいだろう ! どうだ !! すごいだろう !!!

すっかりできあがった 新刀を自慢する

寄らば切るぞう

切れ味を試すために
牙をむいて 暴れ出すのである

こうして リードに切りつける
切りつけながらよろけるように
近づいてくる

そして
ズボンを上から ガブリとやる
厚手のトレッキングパンツでさえ 穴が空く

後ろから 忍び寄って お尻をガブリとやることもある
手練手管を繰り出して 忍者のように 執拗に襲ってくる

さすがに飼い主も 飛びかかって叱りとばす

キミ 何か ウラミでもあんの ?

まったく
油断も隙もありゃしないねえ

ひと月 先輩犬の嵐くんに
教わった 暴れ子犬のしつけ方によれば

押さえつけて 耳か喉を噛んで きゃんと言うまで
痛さを思い知らせるのですよ
お父さん !!

というので
押さえつけて
ぐう というまで
シバいて
これで分かっただろう
大人しくしろっ・・・

と開放すると
ハハハハハッ
おぬし甘いな・・・

戦いはこうやるのだっ と
さっと飛び退ると
またもや 跳びかかってくる

なんてことだ やつは不死身か

と さらに気を取り直して また繰り返す
朝の通勤者が 通り過ぎる 道の端で

犬ところげ回っている 高齢者

なんかちと 恥ずかしい時もあるのだ・・・・

トオマ もういい加減にしない ??

これが 朝の散歩の 恒例となってきている






  1. 2012/10/12(金) 18:45:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

何が見えたの ?

昨夜 11時30分
目が覚めると トオマが呼んでいる
台風の雨風のため 早めに就寝したので
外へ出たいのだと分かった

急いで着替えると
外へ
すでに雨は止み 時折 風が強く吹き抜ける

トオマはある一点を見て 急におびえたようになり
しっぽを隠して正座している

何度か逃げるように 戻っては また見詰める

家々は雨戸を閉めて静まりかえり
路面には人っ子一人いない

空は月明かりに晴れわたり
白い雲が一文字にのびて 太くたなびきながら
まるで白龍が泳ぐように見えた

白龍は 大空を護るように見えて風を悠然と従えている
おそらくあの巨大な台風から
日本列島を護ったのだと感じた

それにしても
トオマは 何を見たのだろう ?

再び寝床に戻って
5時過ぎに散歩に出る

いつものレンガ道
そして 今日は 長池公園まで歩く

今朝のトオマは
なぜか騒がない

横を 静かに歩いてくれる
いつもの道をたんたんと歩く

朝焼けがきれいだった

犬は人間にない感覚の持ち主だと聞く
トオマくん 君は昨夜 何を見たの・・・




長池2

  1. 2012/10/01(月) 19:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。